バランスラボBlog

読めばあなたの明日が"1ミリ"健康になるブログ

健康情報”アイサプ”

The choice is yours

投稿日:

医学には種類があるって知ってました?

本日の患者様、長年腰痛で悩み整形外科に通院後、バランスラボに来ていただきました。その患者様との会話でのお話です。

何故か、とても怒っている・・・。

今までの経緯を聞くと、腰痛が辛く藁をもすがる思いで整形外科に行き、レントゲンでは異常なし、痛み止めと湿布薬を処方され、様子を見るようにとの事。

その方は続ける、

「ひどくないですか?こんなに痛いと言っているのにそれだけですよ?」

なるほど、勘違いをしているけど結構こういった勘違いで悩んでいる方も多いのだろうと思いながら施術し、腰痛は改善され帰って行かれた。

勘違いとは・・・?

知らない方が多いはずなので、是非知ってもらいたい。

実は医学には、五大流派というものがあります。

①ナチュロパシー(自然療法)食事や温泉など

②オステオパシー(整体療法)整体、鍼灸など

③サイコオパシー(心理療法)瞑想や対話など

④ホメオパシー(同種療法)自然治癒力など

⑤アロパシー(薬物療法)現代医学、対症療法

そして日本において、健康保険が適応にされ、一般的に行われているのが、アロパシーになる

そして整形外科もアロパシーを提供する場所であるため、今回のような処方になったのだけど、それが不満だという事だった。

これは、そのドクターが不親切なのではなく、選択した医学が患者様の希望と合わなかっただけだった。施術終わりにドクターの立場もある為説明し、自分が希望する医学を選ぶことが大事ですよとお伝えした。

治したいのであれば・・・

一般的に健康保険適応となる治療(接骨院を含む)はアロパシー、言い換えると”対症療法”である事を覚えておいて欲しい。

熱が出れば、解熱剤

血圧が高ければ、降圧剤

腰が痛ければ、腰の治療

という風に出た症状に対して何かをしていくのがこの流派。

つまり、

なぜ熱が出たか?

なぜ血圧が高いのか?

なぜ腰が痛いのか?

については言及しないのが基本です。

なので、

根本的に改善したいよ!という方には合わないです。

そういった医学ではないからです。

今日の患者様は、別の整形外科なら違ったのかな?と言ってましたが、

一緒です。

まとめ

アロパシーも絶対に必要な医学です。

ただあくまで選択肢の一つでしかない事を知って頂きたい。

その上で、ご自身の悩みをどうしたいのか?という事を考えて下さい。

そして希望にある医学を選択してみて下さい。

それがあなたの健康に必ず繋がります!

それでは!

-健康情報”アイサプ”
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

澤口 翔理(サワグチ ショウリ)

≪保持資格≫

柔道整復師(国家資格)

公認ファスティングカウンセラー®

≪経歴≫

掛川市・焼津市にて修行。

静岡市葵区鷹匠

静岡市駿河区鎌田にて院長を歴任

10年の現場経験を経て独立開業

2019年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
友だち追加